CATEGORY

ブログ

  • 2024年2月11日

オンラインショップ、オープンです!

お待たせいたしました。 “見て楽しく、まとって楽しい”上田紬のオンラインショップがオープンいたしました。 ここまで来るの、長かったです。 得意な分野ではないので、すぐにサラッとは出来ず、何年越しといって良いかも。 ひとまずオープンさせていただき、動かしながら直します。 ご意見などありましたら、よろし […]

  • 2024年2月6日

雪景色

今年は暖冬と言われていましたが、久しぶりのまとまった雪。 お昼頃から降り始めた雪に、上田城も真っ白な景色に包まれました。 並木道も、木々も、本当にきれいでしたが、 鳥が枝にとまろうとするのか、時々ドサドサっと枝から雪が降って来て、危険を感じることもあった大雪でした。 翌日は晴れて雪も熔け始めましたが […]

  • 2024年1月31日

リベストギャラリー創 二人展

二科会会員で審査員の武藤挺一さんと、展示会をご一緒させていただいて、20回になります。 東京で働いていた時は、武藤さんとこうして展示会でご一緒させていただくことになるとは、夢にも思っていませんでした。 そして、武藤さんとの展示会でたくさんのご縁をいただいています。 今回も素晴らしい作品がそろいました […]

  • 2024年1月3日

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2024年が明け、元旦から大きな地震が起こりました。 昨年11月、金沢で展示会をさせていただいたばかりで、お世話になった方々やお越しくださったお客様の顔が浮かびます。 被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 皆さまに早く笑顔が戻りますよう。 私は、今年は一つ上の景色を見るために色んなことに挑戦 […]

  • 2023年11月28日

金沢エムザ、ありがとうございました!

5階美術サロン「カゼインテンペラ画・武藤挺一 手織り上田紬・小岩井カリナ展」でお世話になった皆さま、ありがとうございました。 館内にも展示会のアナウンスが流れ、どんな出会いがあるかワクワクの初日。 エスカレーター前のショウケースと、ギャラリーの前のショウケースは、このように展示しました。 武藤さんの […]

  • 2023年11月5日

秋はイベント&イベント

市内の山々の紅葉が始まる頃、あちこちでイベントが開催されました。 今年は久しぶりに再開!というイベントも多くみられたようで、街が元気なのはいいなぁと気持ちの良い秋空を眺めました。 誘っていただき初めて聞きに行った、三遊亭鬼丸さんの落語。 東京にいた頃には何度か聴きに行きましたが、上田では初めて。 高 […]

  • 2023年10月29日

アスコット丸の内東京展示会

1週間のホテルでの展示会が無事に終了しました。 初日の23日にはプレス関係もたくさん入り、プレゼンテーションをさせていただいた後、ハイティーをお楽しみいただいて、15時からが一般公開でした。 素敵なホテルのレセプションルームには現代アートの皆さんの展示が、ミーティングルームには伝統的工芸品の展示がさ […]

  • 2023年10月23日

美濃焼伝統工芸品まつり 出品

毎年お声を掛けていただいている、美濃焼伝統工芸品まつりに、今年も作品のみ出品させていただきました。 たくさんのお客様で賑わう、美濃焼まつり。 今年も楽しい2日間だったのだろうな、と思います。 来年も、お祭りに参加される皆さんに喜んでいただけるような作品を作っていきたいと思います。

  • 2023年10月7日

信州うえだ東京の集い

「東京上田会」とは、関東に拠点を移した上田出身の方が会員となっている会です。 県人会ほど広い範囲でないので、高校の同窓生や母校が一緒という方が多くいらっしゃり、世代が違っても共通の話題が多くあり話していて面白いのです。 私は東京に住んでいた頃、「東京上田会」の会員で大変お世話になりました。 上田に戻 […]

  • 2023年9月16日

山家神社「真田の仕掛け×俺たちの花火」プロジェクト

山家神社では毎年この時期に仕掛け花火が行われているそうです。 それが今年はなんと、俺たちの花火も一緒になって、「真田の仕掛け×俺たちの花火」プロジェクトに。 私は実行委員の方にお誘いいただき、マルシェに初参加させていただきました。 9月も半ばだというのに、真夏のような暑さです。 キッチンカーも出店し […]

>「日本三大紬」と言われた上田紬

「日本三大紬」と言われた上田紬

江戸時代には「日本三大紬」として一世を風靡した上田紬。真田幸村の父、昌幸がこの地に築城した際、地場産業として奨励した真田織が始まりと言われています。井原西鶴の「日本永代蔵」にも登場したような、伝統的な縞・格子の柄は今でも定評がありますが、現代の風を取り入れた色使いやデザインは、”見て楽しく纏って楽しい”上田紬を演出し、日常を豊かにしてくれます。